ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消防・防災 > 避難 > 【新型コロナウイルス関連】リーフレット「新型コロナウイルス感染症対策を考慮した災害への備え」

【新型コロナウイルス関連】リーフレット「新型コロナウイルス感染症対策を考慮した災害への備え」


 新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において、災害が発生し、安全な場所へ避難する場合には、感染症対策が重要となります。
 少しでも感染拡大リスクが軽減されるよう、一人ひとりが感染拡大の防止に努めることが大切ですので、ご協力ください。

日頃からの準備

ハザードマップの確認など

●ハザードマップ等により、自宅や避難先が危険な区域に入っていないか確認しましょう。
●避難先まで歩いてみるなど、避難経路を確認しましょう。
●避難所にこだわらず、安全な場所にある親せきや友人宅など,複数の避難先を確保しましょう。


 ✔「避難」とは「難」を「避」けることです。安全な場所にいる人は、避難場所へ行く必要はありません。
 ✔避難先は、避難所だけではありません。安全な親せき・知人宅への避難も考えてみましょう。

 
 ハザードマップはこちら<外部リンク>から確認できます。

土砂ハザード津波ハザード

健康チェック

●避難するときは、自宅等で体温測定を実施してから避難しましょう。
●日頃から体温測定など自らの健康状態をチェックし、発熱や強いだるさ、息苦しさなどの症状がある場合は、あらかじめ相談窓口(コールセンター)☎22-5858 に相談しましょう。

 相談窓口・相談のめやすはこちら<外部リンク>から確認できます。

 

避難するときに持って行くもの

●避難するときは、食品や水、救急用品のほか、マスク・体温計・タオル・ウエットティッシュなど、感染拡大防止のためのものも持って行きましょう。
●市の備蓄品には限りがあります。可能な限り、必要なものは持って行ってください。

非常持ち出し品

避難所での感染拡大防止対策

一人ひとりの心がけ

✔小まめな手洗いの徹底
  避難所へ出入りするときや作業後などは、石けん等を利用して小まめに手を洗いましょう。

✔マスクの着用
  咳やくしゃみによる飛沫感染を防止するため、マスクを着用しましょう。

✔咳エチケットの徹底
 マスクがない場合も、ティッシュやハンカチで口・鼻を覆うなど、咳エチケットに努めましょう。

ご協力のお願い

✔衛生環境の確保
  ドアノブ等の共有部分や物品の消毒(清掃)など、避難所の衛生環境の確保にご協力ください。

✔スペースの確保
  避難者同士のスペースの確保にご協力ください。
  ※可能な範囲で、別室や仕切り等により、過密状態の解消に努めます。

✔定期的な換気の実施
  窓やドアを開放するなど、定期的な換気の実施にご協力ください。

✔健康状態の確認
  避難所到着時に、体温測定や健康状態の確認にご協力ください。

 

■避難所で発熱や咳などの症状が出た場合は、すぐに、避難所担当者にお知らせください。

 

呉氏

 

リーフレット

これらの内容を掲載したリーフレットを作成しました。

リーフレットはこちら(PDF) から確認できます。

表裏

 

関連情報

・呉市危機管理課
 避難の手引き(大雨編)<外部リンク>

・広島県危機管理監 みんなで減災推進課
 あなたの避難が、みんなの命を救う!(PDF)

・内閣府(防災担当) ~令和元年台風第19号等による災害からの避難に関するワーキンググループ~
 避難行動判定フロー (PDF)

・厚生労働省
 災害時における避難所での感染症対策<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)