ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政運営・行政改革 > 行政改革 > 呉市アウトソーシング推進計画

呉市アウトソーシング推進計画


 市では、平成8年2月に行政改革の指針となる「呉市行政改革大綱」をとりまとめ、以降、呉市行政改革実施計画などを策定し、民間委託などの推進に取り組んできました。
 また、平成22年度に策定した第4次呉市長期総合計画前期基本計画においても、この推進を明確化しています。

 こうした中、限られた行政資源を有効活用し、効果的・効率的な行政運営の実現を目指すこと、民間の持つ専門的な知識や技術の導入、より質の高いサービスを提供し、市民の皆さんの満足度を向上させることを目的に、平成24年6月に「呉市アウトソーシング推進計画」を策定しました。

 この計画では、「民間にできることは民間で」を基本に、すべての事務事業などを検討の対象とし、「市民サービスの質の維持・向上」を前提に、アウトソーシングを行うことによるコスト面や効率性などの総合的な検討を行いました。

 これらの検討を踏まえ、37の事務事業などを重点取組事項としてまとめ、アウトソーシングの計画的な導入を推進しています。

閲覧場所

 市役所4階 人事課、各市民センター

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)