ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > まちづくり > 道路・河川・公園(くらしの情報) > 呉市橋りょう長寿命化修繕計画を策定しました

呉市橋りょう長寿命化修繕計画を策定しました


 呉市が管理する道路橋は965橋ありますが,高度経済成長期からバブル期(昭和30年代半ばから平成初期)に多くの橋りょうが建設されており,今後,これらの橋りょうが建設後50年を経過し,急速に老朽化が進行します。今から適時適切な維持補修を実施しなければ集中的に大規模な補修や架け替えが必要となり,今後大きな財政負担が必要になると予想されます。

 呉市が管理する老朽化橋りょうの急速な増大に対応するため,アセットマネジメントの考え方を導入し,従来の事後的な補修・更新から,点検結果に基づく早期補修を計画的に行う予防保全的な補修・更新を実施することで,橋りょうの補修及び架け替えに係る費用の縮減と平準化を図り,橋りょうの長寿命化を図るとともに,市内の道路網の安全性並びに信頼性を確保するものです。

ダウンロード
呉市橋りょう長寿命化修繕計画(改訂版)〔PDFファイル/1.79MB〕をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)