ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 観光振興課 > アレイからすこじま

アレイからすこじま


アレイからすこじま  

アレイからすこじま 国内で唯一、潜水艦を間近で見ることができる公園で、海上自衛隊の潜水艦と護衛艦がイカリを下ろしています。ここはその昔、呉が海軍の本拠地だったことを偲ばせるエリアです。周りは旧海軍工廠のレンガ建造物が並ぶレトロな雰囲気で、戦艦・大和も近くのドックで極秘に建造されました。時代は変わり、今はだれでも自由に散策を楽しめる公園になっています。 

 「アレイからすこじま」の名前の由来は、呉浦にあった周囲30~40mの「からすこじま」(大正時代に魚雷発射訓練場として埋立)という小島の名称と、英語の小道(アレイ)からきたもの。緑とレンガ色に包まれたアレイ(小道)をゆっくり散策してみませんか? 旧魚雷揚げ下ろしクレーンもあります。

旧呉海軍工廠(こうしょう)本部前

アレイからすこじま 旧呉海軍工廠(こうしょう)本部前アレイからすこじま 旧呉海軍工廠(こうしょう)本部前 海上自衛隊第一潜水隊群司令部前から約300mの車道に沿った公園で、レンガ色を基調にした雰囲気の場所。公園内には、旧海軍の魚雷積載用のクレーン等、海軍ゆかりのものが置いてあります。また、日本で唯一、間近で潜水艦を見ることができる場所として有名です。

旧呉海軍工廠(こうしょう)電気部関係建造物

アレイからすこじま 旧呉海軍工廠(こうしょう)電気部関係建造物

 「アレイからすこじま」の道路向いにあるレンガ造の倉庫群で、呉海軍工廠の前身である呉海軍造兵廠時代<1897~1903 (明治30~36)年>に建てられたものです。空襲で被害を受け、建設当初よりも奥行きが短くなっています。戦後は民間会社の倉庫として利用されています。

旧魚雷積載用クレーン  

アレイからすこじま 旧魚雷揚げ下しクレーン
 かつて呉港が軍港だった時代、魚雷などの揚げ下しに活躍した経歴を持つクレーンです。奇跡的に戦火をまぬがれ、戦後もしばらく稼動していました。今は、モニュメントとしてアレイからすこじまに設置してあります。

アクセス

  • 所在地  呉市昭和町
  • 入園料  無料
  • 休園日  なし
  • 駐車場  アレイからすこじま駐車場(無料)
    利用時間 8時00分~20時00分
    駐車可能台数 普通車41台・バス10台
    ※詳しくは,こちらをごらんください。<外部リンク>
  • 問い合せ先  呉市観光振興課Tel 0823-25-3309
  • アクセス
    • バス  広電バス 呉倉橋島線 音戸倉橋方面ゆき「潜水隊前」バス停下車、徒歩約1分
    • 車  広島呉道路(クレアライン)呉ICから約10分