ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 学校教育課 > 市内転居したが、そのまま今までの学校に通学させたい場合

市内転居したが、そのまま今までの学校に通学させたい場合


手続方法

市内転居した後もそのまま今までの学校に通学させたい場合

  保護者の方が、今まで通学していた学校にその旨を相談し、「学区外在学許可申請書」を学校へ提出してください。児童生徒が安全に登下校できることが確認できれば、学年末を限度として今までの学校に通学できます。   

両親が共働きで、今まで通学していた学校区内に保護者に代わる保護能力のある方がいる場合

 放課後責任をもって児童生徒の面倒をみてもらえるのであれば、卒業まで今までの学校に通学できます。
 希望する場合は、「学区外在学許可申請書」と添付書類を、今まで通学していた学校へ提出してください。

添付書類

保護者の勤務証明書民生委員証明書(放課後保護者に代わる方のところに帰るという証明書)


 いずれの場合も、その事実が発生したら早めに手続をする必要がありますので、学校へ相談の上、手続をしてください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)