ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 後期高齢者 > 【後期高齢】入院時の食事代を減額(標準負担額減額認定)

【後期高齢】入院時の食事代を減額(標準負担額減額認定)


 市民税の非課税世帯の人は,「限度額適用・標準負担額減額認定」を病院等に提示することにより,申請月の1日から入院時の食事代が減額されます。
 

 平成28年4月から,入院時の食事負担額が次のとおり見直しになりました。

《入院時の食事代(1食あたり)》

 

 

                                              平成28年3月まで        平成28年4月~        平成30年4月~
区 分

負担額

(1食当たり)

負担額

(1食当たり)

負担額

(1食当たり)

市町村民税課税世帯260円360円460円

区分2

※1

90日以内の入院(過去12ヶ月の入院日数)210円変更なし変更なし
91日以上の入院(過去12ヶ月の入院日数※4)  ※3160円変更なし変更なし

区分1

※2

市町村民税非課税で一定所得以下100円変更なし変更なし

※1 区分 2…世帯全員が市民税非課税の人

※2 区分 1…世帯全員が市民税非課税で所得のない人または老齢福祉年金受給者

※3 長期入院該当の申請日から適用されます。

※4 標準負担限度額の認定(区分1を除く)を受けていた期間の入院日数に限ります。

 

 

《手続きに必要なもの》

  • 被保険者証
  • 過去1年以内に入院日数が90日を超えることが分かる領収書等
    (90日を超える入院があった人のみ)
  • 印鑑(認印)
  • 本人が確認できるもの
  • マイナンバーが確認できる書類

   後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定申請書 [PDFファイル/152KB] 

 

《手続き窓口》

保険年金課市民窓口課各市民センター

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)