ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 国民健康保険 > 入院時の食事代を減額 標準負担額減額認定

入院時の食事代を減額 標準負担額減額認定


 標準負担額減額認定

呉市国民健康保険の加入者で、市民税が非課税世帯(※1)の場合は、標準負担額減額認定証の交付申請が必要です。

認定されますと入院時の食事代が次のとおり減額されます。

標準負担額減額認定証は、申請された月の1日から適用になります。

ただし、療養病床に入院する65歳以上の人に係る食費等については、金額が異なります。


   標準負担額(1食あたりの自己負担額)

所得区分70歳未満70歳以上
一般:市民税課税世帯(下記以外の人)※2360円
(平成30年4月から460円)
360円
(平成30年4月から460円)
市民税
非課税世帯
90日までの入院210円
(区分オ)
210円
(区分2)
過去12か月の入院が90日を超える入院(※3)160円
(区分オ)
160円
(区分2)
市民税
非課税世帯
世帯主及び国保加入者の全員が市民税非課税で、所得がない世帯の人100円
(区分1)

 ※1・・・7月までは前年度の市民税で判定、8月からは当年度の市民税で判定

 ※2・・・指定難病,小児慢性特定疾病の認定証をお持ちの方等は1食260円に据え置かれています。

申請

印かん・保険証を持って、保険年金課または各支所へ。
※3 入院が90日を超える場合、医療機関の領収証等の入院期間を証明できる書類が必要です。

(注)
申請には,世帯主と対象者の「マイナンバー」が必要です。
ただし,記載されなくても,申請は可能です。
「マイナンバー」を記載する場合は,確認のため,次の1または2のいずれかの提示をお願いします。
1 世帯主の個人番号カード
2 世帯主の通知カードと運転免許証などの顔写真付身分証(または保険証と年金手帳など,顔写真なしの身分証・公的書類を2点)