ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 国民健康保険 > 高額介護合算療養費の支給

高額介護合算療養費の支給


1年間に国民健康保険と介護保険の両方で支払った自己負担額が、次の自己負担限度額を超えた場合、申請しますとその超えた額が「高額介護合算療養費」として支給されます。

ただし、国民健康保険または介護保険のどちらかで1年間に支払った自己負担額の合計が0円の場合、もしくは支給額が500円に満たない場合は、支給対象外となります。

  • 合算する期間:毎年8月1日から翌年7月31日まで
  • 合算する範囲:同一世帯内の国保加入者にかかる自己負担額(ただし、高額療養費等の支給を受けたものを除く。)
自己負担限度額(年額・世帯単位)
区分国民健康保険と介護保険の両方で支払った自己負担額
高齢受給者世帯単位国民健康保険世帯全体
上位所得者上位所得者267万円212万円
上位所得者1141万円
一般一般256万円67万円
一般160万円
市民税非課税世帯区分231万円34万円
区分119万円

(注)区分は、毎年7月31日現在の国民健康保険の区分を適用します。

 

申請

該当する人には、12月中旬に申請書を送付します。
届いた申請書と印かん・保険証を持って、保険年金課または市民窓口課・各支所へ。
※高額介護合算療養費の対象期間中に他の健康保険、介護保険の被保険者であったときの自己負担額がある場合は、その保険の保険者が発行する自己負担証明書が必要です。

(注)
申請には,世帯主と対象者の「マイナンバー」が必要です。
ただし,記載されなくても,申請は可能です。
「マイナンバー」を記載する場合は,確認のため,次の1または2のいずれかの提示をお願いします。
1 世帯主の個人番号カード
2 世帯主の通知カードと運転免許証などの顔写真付身分証(または保険証と年金手帳など,顔写真なしの身分証・公的書類を2点)