ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 国民健康保険 > 70歳以上75歳未満の人の負担割合

70歳以上75歳未満の人の負担割合


 高齢受給者証

70歳以上の国民健康保険加入者は、75歳になるまでは、前期高齢者として引き続き国民健康保険で医療を受けていただくことになります(後期高齢者医療制度の適用者は除きます)。

該当者には「国民健康保険高齢受給者証」を郵送しますので、受診の際は、保険証と高齢受給者証の両方を医療機関の窓口に提示してください。

有効期限が7月31日までの受給者証をお持ちの人には、8月1日から有効の受給者証を7月下旬に郵送します。

適用時期

1日生まれの人は、70歳になる誕生月から

2日以降生まれの人は、70歳になる誕生月の翌月1日から

一部負担金の割合

一定以上所得者(注1):3割
誕生日が昭和19年4月2日以降の人:2割
誕生日が昭和19年4月1日以前の人:2割(特例措置により1割)(注2)
 

(注1)同一世帯に、課税所得が145万円以上ある70歳以上の国保被保険者がいる人。
ただし、高齢者複数世帯(70歳以上の国保被保険者が世帯に2人以上)で年収520万円未満、単身世帯(70歳以上の国保被保険者が世帯に1人)で年収383万円未満の人等は、申請により2割、または特例措置により1割の負担となります。
※また、平成27年1月以降、新たに70歳になった国保加入者のいる世帯のうち、70歳以上75歳未満の国保加入者の基礎控除後の総所得金額等の合計が210万円以下の場合は、上記にかかわらず2割または特例措置により1割となります。
(注2)医療制度改正により、平成20年8月から2割負担に引き上げられましたが、平成25年度までに70歳になられている人については、国が1割を負担することにより、自己負担が実質1割となる措置が取られています。