ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の各種手続きについて

国民年金の各種手続きについて


 20歳になったとき

必要なもの

印鑑

届出先

保険年金課、市民窓口課、各支所
※20歳になったとき、すでに就職して厚生年金などに加入している人は、手続きは不要です。20歳になったとき、配偶者の扶養になっている人は、勤務先に届けてください。

60歳未満で会社などを退職したとき(第2号被保険者から第1号被保険者に)

必要なもの

印鑑、年金手帳、離職票または雇用保険受給資格者証

届出先

保険年金課、市民窓口課、各支所
※あわせて、扶養されていた20歳以上60歳未満の配偶者も国民年金加入が必要です。

60歳未満で会社などに就職したとき(第1号・第3号被保険者から第2号被保険者に)

必要なもの

印鑑、年金手帳

届出先

勤務先

配偶者の扶養になったとき(第1号・第2号被保険者から第3号被保険者に)

必要なもの

印鑑、年金手帳

届出先

配偶者の勤務先

配偶者の扶養でなくなったとき(第3号被保険者から第1号被保険者に)

必要なもの

印鑑、年金手帳、扶養喪失年月日のわかる書類

届出先

保険年金課、市民窓口課、各支所

年金手帳を紛失したとき(年金手帳の再発行)

必要なもの

印鑑、本人を確認できるもの

届出先

第1号被保険者は、保険年金課、市民窓口課、各支所
第2号被保険者は、勤務先
第3号被保険者は、呉年金事務所

年金を受給するとき

必要なもの

印鑑、年金手帳、戸籍謄本または住民票等。詳しくは、届出先にお尋ねください。

届出先

第1号被保険者期間のみの人の老齢基礎年金
第1号被保険者期間中に初診日のある人の障害基礎年金
第1号被保険者期間中に死亡日のある人の遺族基礎年金
任意加入していなかった専業主婦等や学生期間中に初診日のある人の特別障害給付金は、保険年金課、各支所
※上記以外の手続き先は、呉年金事務所

年金受給者が死亡したとき

必要なもの

印鑑、年金手帳、戸籍謄本または住民票等。詳しくは、届出先にお尋ねください。

届出先

遺族基礎年金、障害基礎年金、特別障害給付金及び寡婦年金は、保険年金課、各支所
※上記以外の手続き先は、呉年金事務所

第1号被保険者が死亡したとき

死亡一時金

保険料を3年以上納めた人が、年金を受けずに死亡し、遺族が遺族基礎年金を受給できない場合に支給されます。

必要なもの

印鑑、年金手帳、戸籍謄本または住民票等。詳しくは、保険年金課にお尋ねください。

届出先

保険年金課、各支所

寡婦年金

第1号被保険者としての保険料納付済期間が25年以上ある夫が年金を受けずに亡くなったとき、婚姻期間が10年以上ある妻に60歳から65歳になるまで支給されます。

必要なもの

印鑑、年金手帳、戸籍謄本または住民票等。詳しくは、保険年金課にお尋ねください。

届出先

保険年金課、各支所

お問い合わせ先
保険年金課(電話0823-25-3157)
呉年金事務所(電話0823-22-1691)
日本年金機構ホームページ<外部リンク>