ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 後期高齢者 > 【後期高齢】生活保護を受けなくなった場合

【後期高齢】生活保護を受けなくなった場合


 生活保護を受けなくなった場合は後期高齢者医療制度に加入することになります。

手続きに必要なもの

  • 生活保護の廃止が確認できる書類
  • 印鑑(認印)

※ 新しい被保険者証は郵送します。

※ 被保険者証が届くまでに医療機関にて受診の必要がある場合は,保険年金課にご相談ください。

※ 限度額適用・標準負担限度額認定が必要な場合は,申請していただく必要がありますので,その旨申し出てください。

手続き窓口

 保険年金課市民窓口課各市民センター