ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 後期高齢者 > 【後期高齢】生活保護を受ける場合

【後期高齢】生活保護を受ける場合


 生活保護を受ける場合は後期高齢者医療制度から脱退することになりますので,被保険者証などを返還してください。

手続きに必要なもの

  • 被保険者証
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証(交付されている人のみ)
  • 特定疾病療養受療証(交付されている人のみ)
  • 生活保護受給開始が確認できる書類
  • 印鑑(認印)

 ※ 被保険者証などを紛失された場合は「後期高齢者医療被保険者証等返還不能届出書」を提出していただきます。

手続き窓口

 保険年金課市民窓口課各市民センター