ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 後期高齢者 > 後期高齢者医療被保険者証を紛失・汚損した場合

後期高齢者医療被保険者証を紛失・汚損した場合


 被保険者証などを紛失・汚損された場合は再発行します。

手続きに必要なもの

  • 被保険者証(汚損の場合)
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証(汚損の場合,交付されている人のみ)
  • 特定疾病療養受療証(汚損の場合,交付されている人のみ)
  • 本人が確認できるもの(運転免許証など)
  • 印鑑(認印)
  • マイナンバーが確認できる書類

   後期高齢者医療被保険者証等再発行申請書 [PDFファイル/118KB]

 

 ※ 以前にお使いの被保険者証が見つかった場合は,すみやかに返還してください。

 ※ 申請者は原則,本人または世帯主ですが,やむを得ない場合に限り代理人が申請できます。

  • 所定の委任状(PDF)に委任者が記入の上,委任者および代理人の印鑑が必要です。同姓であっても,それぞれ異なる印鑑を押してください。
  • 申請時に,代理人の本人確認ができるもの,印鑑が必要です。

手続き窓口

 保険年金課市民窓口課各市民センター

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)