ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民票・戸籍・印鑑登録 > 窓口案内 > 証明申請時の本人確認書類

証明申請時の本人確認書類


住民票・戸籍請求・手続き等の本人確認について

呉市では,各種証明書の虚偽の交付請求・異動届出を防ぐために,請求者の本人確認を実施しています。

個人情報の保護のため,ご協力をお願いします。

また,本人と同一世帯以外が届け出をする場合は,委任状が必要です。

郵送による請求の場合,下記に該当する本人確認書類の写しを同封してください。

広域交付の住民票の写し,個人番号カード・住民基本台帳カード及び公的個人認証サービスの電子証明書についてはより厳格な本人確認を実施しています。

 

住民票・印鑑登録証明書などの交付請求,住所異動の届出

住民票の写し等の請求,住所異動(転入出、転居、世帯合併・分離等)の届出の場合、

運転免許証,パスポート,個人番号カード,写真付き住民基本台帳カードなどの官公署が発行した写真付き身分証明書

上記いずれかをご提示ください。

やむを得ずこれらの書類が提示できない場合は,

健康保険証,年金手帳,介護保険証,呉市いきいきパス,その他官公署が発行した受給者証など

上記いずれかをご提示ください。

 

戸籍の届出・請求

戸籍謄本・抄本、身分証明書,附票の請求だけでなく,婚姻届,認知届,離婚届,養子縁組届,養子離縁届など,本人の意思に基づく創設的届出の場合も本人確認が必要となります。

※外国の法律で成立した婚姻届や裁判(調停,和解,審判など)で成立した離婚届などの報告的届出(出生,死亡及び裁判での判決等による離婚など,事実に基づく届出)の場合は,本人確認の対象外となります。

本人確認書類をお持ちでない人の届出で,聴き取り等によっても本人確認ができない場合や届出人が窓口にお越しでない場合で,本人確認ができない人については,後日,郵便で届出を受理したことを通知します。

 

[1] 1つの書類で本人確認できるもの

運転免許証,旅券,写真付き住民基本台帳カード,個人番号カード,

国・地方公共団体の機関が発行した写真付き身分証明書,

国または地方公共団体の機関が発行した免許証,許可証若しくは資格証明書等 《注1》,

在留カード・特別永住者証明書(※平成24年7月9日からしばらくの間「外国人登録証明書」が同書類とみなされます。入国管理局のホームページをご覧ください。)

[http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html]

 

《注1》 国または地方公共団体の機関が発行した免許証,許可証若しくは資格証明書とは次のとおりです。

船員手帳,身体障害者手帳,無線従事者免許証,海技免状,小型船舶操縦免許証,

宅地建物取引主任者証,航空従事者技能証明書,耐空検査員の証,運航管理者技能検定合格証明書,

動力車操縦者運転免許証,猟銃・空気銃所持許可証,教習資格認定証,電気工事士免状,

特殊電気工事資格者認定証,認定電気工事従事者認定証,療育手帳,戦傷病者手帳,

警備業法(昭和47年法律第117号)第23条第4項に規定する合格証明書

運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に交付されたものに限る。)

 

[2] 2つの書類で本人確認できるもの

1. 国民健康保険証,健康保険証,船員保険証,介護保険証,住民基本台帳カード(写真なし)

   国民年金手帳,年金証書,恩給証書,共済組合員証,

   被爆者健康手帳,後期高齢者医療被保険者証,各種医療費助成等の受給者証,

   実印及び印鑑登録証明書(両方が必要です。)

2.  学生証,呉市いきいきパス

   法人(国若しくは地方公共団体を除く)が発行した身分証明書

   国若しくは地方公共団体の機関が発行した写真付きの資格証明書

 

※上記[1]の書類を提示できない場合は,[2]に掲げる書類の組み合わせによって本人確認を行います。

例 : 1と2の組み合わせ ・・・ 国民健康保険被保険者証等と写真付きの学生証など

     1の2点以上の複数の組み合わせ ・・・ 国民健康保険被保険者証等と国民年金手帳など