ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民票・戸籍・印鑑登録 > 電子証明書 > 電子証明書(公的個人認証)とは

電子証明書(公的個人認証)とは


オンラインでのデータのやりとりにおいて、データが改ざんされていない等の真正性を保障するために必要なものが電子署名であり、本人確認の役割を果たすものが電子証明書です。

電子証明書の種類について

 

マイナンバーカード(個人番号カード)用

住民基本台帳カード用
※現在は新規発行できません
→【電子証明書の発行手続の変更

種類

署名用電子証明書

利用者証明用電子証明書

都道府県署名用電子証明書

有効期限

○新規発行の日から5回目の誕生日

ただし、マイナンバーカード(個人番号カード)が廃止になると失効します。また、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書、及びマイナンバーカード(個人番号カード)の有効期限のいずれか早い日で失効します。

○電子証明書発行の日から3年

住民基本台帳カードが廃止になっても、電子証明書の有効期限が残っていたらその期限までは利用可能です。

 

マイナンバーカード(個人番号カード)に格納される電子証明書について

名称

署名用電子証明書

利用者証明用電子証明書

目的

オンライン上で電子文書を送信する際などに文書が改ざんされていないかどうかを証明するもの

オンライン上の情報サイトを閲覧する際に利用者本人であることを証明するもの

掲載内容

4情報(住所・氏名・生年月日・性別)や発行年月日・発行番号・有効期限 等が掲載されているため、住所異動や戸籍届により氏名変更があった場合(4情報が変更した場合)は自動失効します。希望があれば再発行できます。

発行番号・有効期限 等

住所異動や戸籍届により氏名変更があった場合(4情報が変更した場合)も失効しません。

用途

e-tax(自宅パソコンで確定申告)、インターネットバンキング、マイナポータル利用(予定) 等

コンビニ交付、マイナポータルログイン 等 

ご自宅で電子証明書を利用される際の詳しい利用環境については、【公的個人認証サービスポータルサイト(外部サイト)<外部リンク>】を参照してください。

また、住民基本台帳カード内の電子証明書を利用する時に使用していたカードリーダライタが、必ずしもマイナンバーカード(個人番号カード)で使用できるとは限りません。マイナンバーカード(個人番号カード)で使用できるカードリーダライタについては【公的個人認証サービスポータルサイト(外部サイト)<外部リンク>】で確認してください。

 

電子証明書が失効する事由

・利用者から失効の申請があった場合

・紛失等の届出
・住民票の消除  に伴いマイナンバーカード(個人番号カード)が廃止になった場合
・有効期限満了

※署名用電子証明書については、氏名・住所・性別が変更になった場合も失効します。