ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医療 > 感染症・特定疾患 > ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎に注意してください!

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎に注意してください!


 ノロウイルスは感染力が非常に強く,冬季を中心に,主におう吐,下痢症状を引き起こします。
 ノロウイルスに感染しないよう,しっかり予防しましょう!

ノロウイルスに感染すると・・・

感染後24~48時間で,吐き気,おう吐,下痢,腹痛,軽度の発熱がみられます。
症状の続く期間は3日以内と短期間です。ただし,症状が改善しても,ウイルスは1週間程度ふん便に排泄され続けますので,注意が必要です。

感染経路

  1. 感染した人のふん便やおう吐物などから人の手を介して,感染します。
  2. ノロウイルスに汚染された食品を食べて感染します。

感染経路



 

 

予防のポイント

  1. 最も大切なのは「手洗い」です!
    外出後,トイレの後,調理・食事の前には石けんと流水で十分に手を洗いましょう。ふん便や吐物の処理する時は,使い捨て手袋,マスク,エプロンを着用し,処理後は石けんと流水で十分に手を洗い,うがいをしましょう。
    共用タオルは使用せず,個人用タオルかペーパータオルを使用しましょう。
  2. しっかり消毒しましょう!
    塩素系消毒液の次亜塩素酸ナトリウム(希釈濃度については,下記リーフレット参照)
    で直接手を触れる場所(手すり,ドアノブ,蛇口など)を消毒しましょう。
    逆性石けん,アルコールの消毒効果は十分ではありません。
  3. 食品は,中心部までしっかり加熱(85℃以上で1分間以上)しましょう!

詳しくは・・・

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)