ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域保健課 > 自殺対策について

自殺対策について


みんなでいのち支える呉プラン(呉市自殺対策計画)

 呉市では、自殺対策基本法第13条第2項に定める市町村自殺対策基本計画として、皆が助け合い、誰も自殺に追い込まれることのないまち「くれ」を目指し、「みんなでいのち支える呉プラン(呉市自殺対策計画)」を策定しました。

みんなでいのち支える呉プラン [PDFファイル/8.32MB]
概要版 [PDFファイル/7.92MB]

 自殺の現状

 日本では、年間約2万人の人が自ら命を絶っています。
 自殺は、人間関係、生活、仕事、経済面などのさまざまな不安や悩みが複雑に絡み合って、「死ぬしかない」
と言う気持ちから起こる「追い込まれての死」と言われています。

 

・ 自殺の現状と対策<外部リンク>

あなたにも出来る自殺予防のための行動

 健康を保つには、「からだ」の健康だけでなく、「こころ」の健康も大切です。
社会的な問題となっている「自殺」も、こころの健康づくりと関係していると言われています。みんながこころの健康
づくりに取り組み、そして「ゲートキーパー」になることで、みんなの命を守りましょう。

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に「気づき」、「声をかけ」、「話を聴いて」、「必要な支援につなげ」、「見守る」
人のことです。

ゲートキーパーの4つのポイント

 ~ 大切な悩みに気づいて、みんなで自殺予防に取り組みましょう ~

(1)気づく

 家族や仲間の変化に気づいて、声をかける

 

こんな変化に気をつけて

■ 表情が暗く、元気がない                ■ 言動が変わった

■ 仕事や家事の能率が落ち、ミスが多い         ■ 身なりに構わなくなった

■ 人付き合いを避ける                   ■ 飲酒量が増えた

■ 趣味や運動、外出をしなくなった

 変化に気づいたら、「眠れてる?」、「食欲はある?」、「なんだか元気がないようだけど・・・」など、あなたなりの
一言を相手にかけてみましょう。

(2)傾聴

 本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける

■ 悩みを話してくれたら、時間をかけて、できる限り傾聴しましょう。
■ 話題をそらしたり、訴えや気持ちを否定したり、表面的な励ましをしたりすることは逆効果です。
  本人の気持ちを尊重し、共感したうえで、相手を思う自分の気持ちを伝えましょう。

(3)つなぐ

 早めに専門家に相談するよう促す

■ こころの病気や社会・経済的な問題等を抱えているようであれば、公的相談機関、医療機関等の専門家への
  相談につなげましょう。
■ 相談を受けた側も、一人では抱え込まず、プライバシーに配慮したうえで、本人の置かれている状況や気持ちを
  理解してくれる家族、友人、上司といったキーパーソンの協力を求め、連携をとりましょう。

  次のような相談機関があります。

  ・こころの健康サポート(H30.8) [PDFファイル]

(4)見守る

 温かく寄り添いながら、じっくりと見守る

■ 身体やこころの健康状態について自然な雰囲気で声をかけて、あせらず優しく寄り添いながら見守りましょう。
■ 必要に応じ、キーパーソンと連携をとり、専門家に情報を提供しましょう。

 

こころの健康相談

 医師や保健師が「こころ」の悩みの相談をおこなっています。相談は秘密厳守でおこないますので、安心してご相談ください。ご本人だけでなく、ご家族からの相談も受けています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)