ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医療 > 感染症・特定疾患 > 呉市のインフルエンザ発生状況(2016)

呉市のインフルエンザ発生状況(2016)


呉市のインフルエンザの定点情報

インフルエンザグラフ

西暦
(年)
期間報告数
(人)
定点当たりの報告数
(人/定点)
201611月44週~11月6日3人0.23
45週~11月13日9人0.69
46週~11月20日11人0.85
47週~11月27日15人1.15
48週~12月4日10人0.77

呉市のインフルエンザ定点

インフルエンザ定点として、患者発生数の報告をする医療機関は13です。
13医療機関の内訳は、内科5、小児科8です。

定点当たりの報告数による基準値

 次のように定められています。 

  • 流行入り基準…定点当たりの報告数が1
  • 注意報基準…定点当たりの報告数が10
  • 警報基準…定点当たりの報告数が30   
  • 警報継続基準…定点当たりの報告数が10  

インフルエンザ予防するのため、次のことに気を付けましょう。

  1. 栄養
    偏食せず、バランスのとれた食事をしましょう。
  2. 睡眠
    十分な睡眠をとりましょう。
  3. 運動
    適度な運動で体力の保持につとめましょう。
  4. うがい手洗い
    外から帰ったら、うがいと手洗いをしましょう。
  5. マスク
    咳エチケットを心がけましょう。
  6. 湿度
    室内は、加湿器などで保湿(湿度50~60%)しましょう。
  7. 予防接種
    接種後2週間程度でインフルエンザにかかりにくくなり、かかっても
    症状が重くならないようにする効果があります。
  8. 受診
    インフルエンザにかかった場合は、安静にして、早めに医療機関にマスクを着用して受診しましょう。

  さらに詳しいことはこちら