ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医療 > 検診・予防接種 > B型肝炎の定期予防接種の特例

B型肝炎の定期予防接種の特例


 平成28年10月に開始されたB型肝炎の定期予防接種の接種期間が短かったため,やむを得ず1歳になるまでに3回目を接種できなかったお子様を救済する制度ができます。

 対象となる場合は,実施期間や接種間隔を確認の上,早めに受けるようにしましょう。

 また,予防接種を受ける際は,母子手帳を持参しましょう。

 

対象者

次の3つの項目をすべて満たす呉市に住民票のあるお子様

平成28年4月1日から平成28年7月31日までに生まれている

B型肝炎予防接種を1歳に至るまでに2回接種している

1回目の接種から139日以上経過している

 

助成期間

平成29年4月1日から平成29年7月31日

接種間隔

【1回目・2回目】 27日以上の間隔で接種

【3回目】      1回目から139日以上を経過した後に接種

 平成29年

スケジュール例

実施医療機関

協力医療機関一覧

呉市外で接種を予定している場合は,保健総務課(25-3525)へ直接お問い合わせください。

その他

この接種によって引き起こされた副反応で健康被害が生じた場合,(独)医薬品医療機器総合機構法及び全国市長会予防接種事故賠償補償保険に基づく補償を受けることができます。