ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医療 > 検診・予防接種 > 平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期の予防接種となりました。
トップページ > ライフイベント > 子育て > 平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期の予防接種となりました。

平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期の予防接種となりました。


対象となる方は,次のとおりです。予防接種を受ける際は,予防接種協力医療機関に予約し,お子様の体調の良い時に母子手帳を持参して受けて下さい。

 

対象者

平成28年4月1日以降に生まれた,生後1歳まで(1歳の誕生日の前日まで)の方

接種回数

3回

接種間隔

  • 27日以上の間隔で2回
  • 1回目の接種から139日以上を経過した後に1回
     

 接種間隔

標準的な接種期間

生後2か月に達した時からから生後9か月に達するまでの期間

その他

B型肝炎ワクチンの接種が,定期の予防接種(無料)となるのは平成28年10月1日以降ですのでご注意ください。対象者の方で,それ以前にB型肝炎のワクチンを接種された場合,必要な回数である3回の接種のうち,残りの回数を定期の予防接種(無料)として接種することができます。

※Hbs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として,健康保険の給付によりB型肝炎ワクチンの投与の全部又は一部を受けた方は,定期予防接種の対象者にはなりません。