ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 税金 > 市民税・県民税(住民税) > 法人市民税関係書類への法人番号の記載について

法人市民税関係書類への法人番号の記載について


法人市民税関係書類には次のとおり法人番号の記載が必要となります。

届出書類

記載開始時期

 
・法人市民税申告書平成28年1月1日以降に開始する事業年度から

・法人設立(設置)届

・法人異動届

・更正の請求

・減免の申請

平成 28年1月1日以降の提出から

 

※申告書、納付書及び各種届出書の管理番号欄には、旧様式の法人番号欄で記載した番号(呉市で指定した8桁の番号)を記載し、新様式の法人番号欄に国税庁から通知された13桁の法人番号を記載してください。