ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域協働課 > 市民まち普請制度(地域協働公共施設整備交付金等交付制度)

市民まち普請制度(地域協働公共施設整備交付金等交付制度)


事業概要

 「ゆめづくり地域協働プログラム」に基づく制度の一つとして,市民の皆さんが身近な公共施設の整備を自ら主体となって企画・実施する事業に対して支援を行います。

対象事業

 地域のみなさんや利用者の要望に基づき実施する公共施設を対象とした事業です。

  ※公共施設とは「呉市が所有する施設」と「呉市が管理する施設」です。
    《例》 建物(公民館,学校,庁舎),公園,道路,河川,水路,市所有の空き地,里道など

事業参考例

 たとえば,こんな事業が考えられます。

  • 呉市所有の空き地にグランドを整備する。
  • 呉市の公園に東屋やベンチを設置する。
  • 生活道に手すりを設置する。

 子どもたちも参加して頑張っています。 険しい山道も力を合わせて攻略します。

 子供たちが参加している写真山道を登っている写真

 写真(左)のような道も,ほらこのとおり!   

 作業前作業後

取組み事例

整備期間

 原則として,年度中(4月1日から翌年3月31日まで)に完了しなければなりません。

整備提案できる方(団体)

 次の要件を満たす団体です。

  1. 構成員が5名以上で,活動拠点が呉市内にある団体
  2. 政治活動,宗教活動及び営利活動を目的としていない団体
  3. 自らが主体となって協働整備事業を実施する意欲のある団体
  4. 協働整備事業の企画立案から実績報告まで,責任を持って履行できると認められる団体

支援内容

  1. 事業実施に直接要する経費として,1事業につき100万円を限度に交付金を交付します。
  2. この限度額(100万円)の範囲内であれば,市から原材料を支給することもできます。

原材料とは?

 建造物を工事する際の資材のことです。

  【例】土木資材・・・・・・・・セメント,生コンクリート,砂
     コンクリート製品・・・コンクリート二次製品(側溝,桝類) など

対象外経費

 次のものについては,交付金の算定から除外されます。

  • 人件費,謝礼など,労務による対価となるものが含まれている場合
  • 会合での飲食が含まれている場合

申請の流れ

事業提案書矢印ロゴ事業提案書矢印ロゴ事業提案書矢印ロゴ事業提案書矢印ロゴ事業提案書矢印ロゴ事業提案書
※事業を検討される場合は,必ず,事前に地域協働課または各市民センターにご相談ください。

申請書等様式

  1. 事業提案書    [Wordファイル/44KB]
  2. 交付申請書    [Wordファイル/39KB]
  3. 事業計画書    [Wordファイル/44KB]    
  4. 交付金請求書   [Wordファイル/39KB]
  5. 事業実績報告書 [Wordファイル/40KB]

交付要綱

 呉市地域協働公共施設整備交付金等交付要綱 [PDFファイル/114KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)