ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域協働課 > 呉市公衆衛生推進協議会の概要

呉市公衆衛生推進協議会の概要


呉市公衆衛生推進協議会とは

 「公衆衛生」とは,地域社会の人々の健康の保持・増進をはかり、疾病を予防するため、公私の保健機関や諸組織によって行われる衛生活動のことです。

戦後,自分たちの住む町の衛生環境を改善したいという思いから,「公衆衛生」という言葉を用いた活動を行うこととなりました。

 呉市公衆衛生推進協議会は,昭和32年から発足しており,住みよい環境づくりの推進と,豊かで明るい健康的な生活をするため,その地域の公衆衛生推進委員の方々で組織されています。

呉市公衆衛生推進委員について

 自治会において,公衆衛生活動のリーダー的役割を担う方々のことです。

推進委員の推薦

 自治会長は,地区公衆衛生推進協議会長を通じて,「公衆衛生推進委員名簿」を事務局に提出します。
 推進委員は,(1)自治会長と(2)100世帯以下の自治会においては1名を、100世帯を超える自治会においては、50世帯ごとに更に1名の割合で、自治会長が推薦する者で組織されます。

  [ 例 ] 自治会における委員数

自治会世帯数

自治会長

自治会長が推薦する者

100 以下

1 人

1 人

2 人

101~150

1 人

2 人

3 人

151~200

1 人

3 人

4 人

 以下、50世帯ごとに、自治会長が推薦する者が1人増えるものとする。

任期

     推進委員の任期は2年です。(再任可)
   
 なお,補欠のため就任した委員の任期は、前任者の残任期間とします。

主な活動内容

     1,公衆衛生大会の開催(年1回)
  2,公衆衛生推進委員研修(年1回)
  3,地区協議会活動の助成
  4,献血会の運営
  5,健康づくり事業
  6,広告宣伝事業
  7,環境・健康募金
  8,町を美しくする運動
  9,会議の開催
 

広島県環境保健協会の主な活動

  呉市公衆衛生推進協議会は,(一財)広島県環境保健協会の支援を受け,次のような事業にも取り組んでいます。

食チェックカードの実施

   推進委員を対象に,「食チェックカード」により,自らの食生活の現状を把握し,健康な生活の実践を目指すものです。
   環境保健夏季大学で実践率の報告を行い,提出したカードで抽選会を実施します。

エコチェックカードの実施

推進委員を対象に,「エコチェックカード」により,前年度の電気料金との比較を行い,家庭内で省エネ活動を実践します。
広島県公衆衛生大会で実践率の報告を行い,提出したカードで,抽選会を実施します。

ひろしま美化大作戦

環境保全活動(清掃活動等)を行い,次世代に住みよい環境づくりを目指します。
実施する際に,申請書の提出により,広島県環境保健協会から横断幕やのぼり,看板の作成等の支援を受けることができます。

公衛協発・ウォーキング事業

住民の健康づくりを目指してウォーキングを実施するものです。申請書の提出により,環境保健協会からグッズ(ベストや腕章)の貸し出し等を受けることができます。

環境と健康のコミュニティ活動

   公衛協が展開している,環境と健康をテーマにしたコミュニティ活動に対し,広島県環境保健協会から助成を受けることができます。

環境啓発ポスター・標語コンクール

   “私たちがすむ地球を守ろう”というテーマで,呉市内の小・中学生より,「ポスター」「標語」を募集します。

環境保健夏季大学の開催

  県内の地区衛生組織の関係者が一堂に会し、活動を盛り上げるために必要な知識や方法論を学ぶ研修会です。
  参加者同士の体験を交流を通して、今後の環境保健・公衆衛生の向上と活性化を図ることをねらいに,毎年1回グリーンピアせとうち(安浦地区)で開催されています。

環境と健康の学習ルームの運営

地域や学校での体験学習活動や催し物の際に,活動を推進することを目的に,自然学習,健康学習,ゴミ問題等に関するグッズの貸し出しを行うものです。

「がん検診へ行こうよ!」キャンペーンの推進

公衛協が主体となり,がん検診の受診奨励キャンペーンを展開するものです。必要に応じて,啓発グッズを提供しています。

その他 

 ・広島県公衆衛生大会の開催(年1回)