ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防犯・交通 > 防犯 > 呉市における身近な犯罪発生状況

呉市における身近な犯罪発生状況


身近な犯罪とは

呉市民の身近なところで発生し,誰もが被害者になり得る犯罪を言います。
犯罪者はあなたのスキ,犯罪の機会を狙っています。

「身近な犯罪」の種類

乗り物盗:自動車盗,オートバイ盗,自転車盗

街頭犯罪:路上強盗,ひったくり,恐喝,車上狙い,自動販売機荒らし,器物損壊

侵入強・窃盗:侵入強盗,侵入窃盗,住居侵入

発生状況について

平成27年の呉市内で認知した刑法犯罪1,261件のうち,「身近な犯罪」は,591件発生しており,46.8%を占めています。

身近な犯罪の認知件数について (呉市分)
区分認知件数
H27H28
1月~9月1月~9月
  刑法犯総数(A)954762




乗り物盗 162163
自動車盗21
オートバイ盗2510
自転車盗135152
街頭犯罪 242155
路上強盗10
ひったくり00
恐喝11
車上狙い3833
自動販売機荒らし131
器物破損189120
侵入盗・窃盗 5751
侵入強盗00
侵入窃盗41

39

住居侵入1612
    B461369
その他※    A-B493393
※ その他には,殺人や放火といった凶悪犯罪や暴行,万引き,詐欺,横領,
  賭博,建造物等損壊,性犯罪等々の件数。

  関係機関の取組みにより,「平成15年からの3年間で刑法犯認知件数を平成14年対比で3割減少させる」という広島県の犯罪抑制目標は達成されました。
 平成17年11月の広島県「減らそう犯罪」推進会議において,次の行動目標として「今後5年間でピーク時(平成14年)の半減を目指す」ことを決定し,その目標は達成されました。
 平成23年からは,「犯罪をなくす」という新たな視点から日本一安全・安心な広島県の実現運動目標として,平成23年から平成27年までの5年間で,(1)犯罪認知件数が戦後最も少なかった昭和48年の26,095件を下回ること。(2)政令指定都市等を包括する都道府県で最も少ない犯罪率とすることを目標として掲げました。

刑法犯犯罪認知件数
 平成17年
(対14年比)
平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年
全 国2,269,537
(-20.5%)
1,818,0231,703,0441,585,8561,480,7651,382,1211,314,1401,212,1631,098,969
広島県36,950
(-37.7%)
30,12928,85328,33525,93723,90222,59221,12318,777
呉  市2,381
(-37.3%)
2,1642,1021,8191,7291,6391,6581,4831,261

※広島県警察の資料より