ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農林水産課 > 被災農業者向け経営体育成支援事業

被災農業者向け経営体育成支援事業


 豪雨により大変な被害を受けられた農業者の皆さんに心からお見舞い申し上げます。

 平成30年梅雨期における豪雨及び暴風雨により被害を受けた農業者が農業経営を維持していくために必要な農産物の生産・加工施設の復旧等の経費を支援します。

施設・機械の修繕・取得の場合

1 助成対象となる事業内容

  1. 農産物の生産に必要な施設または生産した農産物の加工に必要な施設の復旧または被害前のこの施設と同程度(構造・規模)の施設の取得
  2. 農産物の生産に必要な施設または生産した農産物の加工に必要な施設を修繕するために必要な資材の購入
  3. 1と一体的に復旧し,または取得する附帯施設(加温用ボイラー,タンク等)の整備
  4. 農産物の生産に必要な農業用機械及び加工に必要な機械並びに附帯施設の取得(被害前と同程度のものを購入)または農産物の生産に必要な必要な農業用機械及び生産した農産物の加工に必要な機械並びに附帯施設の修繕
  5. 農業用ハウス内や果樹棚下などに流入した土砂の除去
    (農地災害復旧対策事業の対象とならない土砂を除去する場合に限る。)。

なお,農業経営の改善などが必要であることから成果目標を設定すること。

また,目標年度の平成32年度までに必ず目標を達成すること。
(成果目標:経営面積の拡大,農産物の品質向上,生産コストの縮減,新規作物の導入等のいずれか1つ)

2 助成金の算出方法

事業費×10分の9以内(国費10分の5以内,県費10分の2以内,市費10分の2以内)

※園芸施設共済の対象となる施設については,

  1. (1)園芸施設共済加入の場合は,共済金の国費相当額を合わせて10分の9以内
      (国費は共済金の国費相当額を合わせて10分の5以内,県費10分の2以内,市費10分の2以内)
  2. (2)園芸施設共済未加入の場合は,10分の8以内
      (国費10分の4以内,県費10分の2以内,市費10分の2以内)
     

施設の撤去の場合

1 助成対象となる事業内容

    倒壊した農産物の生産に必要な施設の撤去等

2 助成率

 定額(国2分の1以内,県4分の1以内,市4分の1以内)

国の助成金の額は,対象となる被災施設等の面積に以下の単価を乗じて得た額または助成対象事業経費(実際に掛かった経費)のいずれか低い額の2分の1以内とする。

  1. 被覆材がガラスのハウス 1,200円/平方メートル                       
  2. 被覆材がプラスチックで骨材が鉄骨のハウス 880円/平方メートル
    (骨材に鋼材を使っているもの,太いパイプ等で強度を向上させたものを含む。)。
  3. 被覆材がプラスチックで骨材が鉄骨でないハウス 290円/平方メートル
  4. 畜舎 4,500円/平方メートル
    ※農機具格納庫や農業用資材保管庫の単価は,「畜舎」の単価を適用する。

リーフレット等

相談受付窓口の設置

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)