ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

くれ絆倶楽部


くれ絆倶楽部の概要

 呉市に愛着のある人の輪を広げながら会員相互が交流・連携することで、会員間の絆を深めるとともに、ふるさと呉への思いを共有することを目指して活動している会です。

対象者

 呉市内に在住または市に所縁のある人(出身地・出身校・勤務地等)で呉市を応援してくださる人。

活動

 フェイスブックを開設し、呉市に関する様々な情報を発信するとともに、会員からの意見や情報提供を受け、施策に反映させていきます。 また、会員相互の交流等も行います。
 ・フェイスブックへリンク<外部リンク>

申し込み

 住所・氏名・年齢・電話番号・Eメールを記入のうえ。Fax・郵便・電子メールでお申し込みください。電話での申し込みも可能です。
 なお、入手した個人情報は適切に管理し、本事業以外の目的での利用は一切いたしません。

 ・くれ絆倶楽部申込書 [Wordファイル/48KB]
 ・くれ絆倶楽部申込書 [PDFファイル/167KB]


【申し込み先】
 呉市総務部秘書広報課 「くれ絆倶楽部」担当
  〒737-8501 呉市中央4-1-6
  電話:0823-25-3560
  Fax:0823-24-9875
  Eメール:kikaku@city.kure.lg.jp

Kure City Ambassador(クレ シティ アンバサダー:呉大使)

 海外で活躍中の呉ゆかりの人に対し「Kure City Ambassador」の就任をお願いし、呉市のPrをしていただくとともに、日本にはない外国の制度等を紹介していただき、呉市政に活かしています。
 
【Kure City Ambassador】
・オーモンドソン・大田 昭子(オオタ アキコ)さん ~ニュージーランド~
 小学校から女学校時代までを呉市で過ごされ、戦後は呉YMCA等に勤務した経験を持つ。現在は、ニュージーランドのウェリントンで日本との友好親善のために尽力されている。平成12年11月にはその活動が認められ、勲五等瑞宝章を受勲されている。

・東 繁春(ヒガシ シゲハル)さん ~アメリカ~
 呉市出身。現在は、アメリカのロサンゼルスで月刊新聞「カルチュラル・ニュース」を発行して日本文化を紹介するなど活躍中。

・上田 正一(ウエダ ショウイチ)さん ~アメリカ~
 日新製鋼(株)呉製鉄所勤務の経験があり、Nisshin Steel USA,Llc.の社長として、アメリカで活躍。平成17年4月に帰国。

・三好 恵津子(ミヨシ エツコ)さん ~フランス~
 呉市出身。サロン・ド・コンパレゾン会員、フランス芸術家協会会員など、洋画家としてパリで活躍。

・西岡 智子(ニシオカ トモコ)さん ~ドイツ~
 呉市出身。オペラやコンサートの歌手として、ドイツで活躍。

・リチャード・スローターさん ~オーストラリア~
 平成14年11月に、呉市で初めて開催した国際会議である「第18回世界未来研究学会世界大会」の学会会長。メルボルンのスインボーン大学教授。

・クリストファー・ジョーンズさん ~アメリカ~
 平成14年11月に、呉市で初めて開催した国際会議である「第18回世界未来研究学会世界大会」の学会事務局長。ヒューストン・クリアレイク大学客員助教授。

・ウィルフレッド・オードリッジさん ~イギリス~
 昭和29年から30年にかけて、英連邦朝鮮派遣軍(国連軍)の一員として、呉市に駐留経験がある。平成4年から、収集した英連邦軍に関する資料を呉市に送付し続け、平成11年からは毎年、呉市に駐留した経験を持つ元英連邦軍兵士の方を率いて、呉市を訪問している。

・ベティ・シェルダンさん ~アメリカ~
 アメリカ合衆国ワシントン州の上院議員。呉市の姉妹都市であるアメリカのブレマトン市を交流のために訪れる「呉市派遣高校生」や「親善訪問団」の受け入れ等、両市の交流発展に尽力されている。

・ロバート・バティンさん ~アメリカ~
 アメリカ合衆国ブレマトン市の姉妹都市提携委員会委員長。呉市の姉妹都市であるブレマトン市で両市の交流発展に尽力されている。

・貴美(キミ)・ハムさん ~アメリカ~
 呉市が1970年に姉妹都市提携したアメリカ合衆国のブレマトン市で、交換学生事業が始まって以来毎年「呉市派遣高校生」の受け入れを続けられ、両市の交流発展に尽力されている。

・小林 肇(コバヤシ・ハジメ)さん ~アメリカ~
日新製鋼(株)呉製鉄所勤務の経験があり、平成17年4月に上田さんの後任として、Nisshin Steel USA,Llc.の社長に任。アメリカで活躍中。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)