ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

耐震改修事例


 耐震改修工事を考えたいけれど,実際にどういう工事をするの?と不安な方のために実際の耐震診断の状況・耐震改修工事の施工状況をご紹介いたします。

建物概要

 

建物用途:専用住宅耐震改修事例 建物概要
構 造:木造在来工法(2階建て)
竣工年:昭和49年
床仕様:火打ち+荒板
屋 根:瓦葺き(一部:瓦棒葺き)
外 壁:モルタル下地の上吹付けタイル
内 壁:土塗り壁(小舞)の上綿壁t=80
基 礎:無筋コンクリート布基礎 ※平成17年度呉市木造住宅耐震診断済

 

 

着工前の状況

 

着工前の状況 外壁の亀裂

外壁の亀裂

着工前の状況 内壁の亀裂

内壁の亀裂

 

着工前の状況 浴室タイルの亀裂

浴室タイルの亀裂

着工前の状況 北側の大きな開口部

北側の大きな開口部

 

工事詳細

上部構造評点

  • 着工前:0.31
  • 着工後:1.03

工事費用

  • 耐震改修工事:1,349,732円
  • リフォーム工事:640,268円

耐震改修の事例について

事例紹介
新設耐震壁上記の北側の大きな開口部に耐震壁を新設しました。
筋かい金物筋かいを新たに取り付け金物で補強しました。
 
L型金物地震の際,柱が引き抜かれるのを防ぐため金物で柱接合部を補強しました。
格子状耐力壁震壁には筋かいや構造用合板だけでなく,既存の窓部にも新設できる格子状のものもあります。
これにより窓をそのまま残すことができます。
改修前壁工事着工前1:既存の壁
新設耐力壁工事着工後1:床から天井までの耐力壁を取り付け,耐力を確保しました。
改修前の壁工事着工前2:既存の壁
耐力壁新設工事着工後2:床から天井までの耐力壁を取り付け,耐力を確保しました。