ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高齢・介護 > 高齢者福祉・介護保険 > 介護予防・日常生活支援総合事業
トップページ > ライフイベント > 高齢者・介護 > 介護予防・日常生活支援総合事業
トップページ > 保険・年金 > 介護保険 > 介護予防・日常生活支援総合事業
トップページ > 福祉 > 高齢 > 介護予防・日常生活支援総合事業

介護予防・日常生活支援総合事業


平成29年4月1日から「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」が始まりました。

「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」とは?

 介護保険制度の改正に伴い,「介護予防・日常生活支援総合事業(以下,「総合事業」といいます。)」が創設されました。
 この「総合事業」では,住み慣れた地域でいつまでも元気で自立した生活を送ることができるよう,ご自身の持つ能力を最大限に生かしながら,一人ひとりの状態にあったサービスを利用できます。
 また,要介護状態となることを予防するためにも,自立へ向けた自分自身の目標を定め,その達成に向けてサービスを利用しながら積極的に健康づくりに取り組むことを目的としています。

 現在,要支援1または2の人が利用している介護予防給付のうち,「訪問介護(ホームヘルプサービス)」と「通所介護(デイサービス)」は,全国一律の基準に基づくサービスから,市町村が提供する「訪問型サービス」と「通所型サービス」として「総合事業」に移行します(その他の介護予防給付は今までどおりです)。
 「総合事業」へ移行後も,現在ご利用中のサービスは今までどおり利用できます。
 介護予防・生活支援サービス事業のみを利用する場合は,要介護(要支援)認定の手続きをしなくても,基本チェックリスト(※1)により事業対象者(※2)に該当し,介護予防ケアマネジメントにおいてサービスが必要となれば利用できます。
 今後も,高齢者の皆さんが住み慣れた地域で自立した日常生活が送れるよう,介護予防の充実に努めてまいります。

 総合事業の概要
対象者事業の種類サービスの種類

要支援1・2の認定を受けた方
事業対象者の方

介護予防・生活支援サービス事業

訪問型サービス
通所型サービス
市内に在住する65歳以上の方一般介護予防事業各種教室・サロン等

※1基本チェックリスト
 介護の原因となりやすい生活機能の低下の有無や介護予防の必要性の視点で,運動や栄養等の全25項目について「はい」「いいえ」で記入する質問票
※2事業対象者
 国が示した基本チェックリストにより,生活機能の低下が見られ,要支援者に相当すると判定された方。
 

◎介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)のパンフレット

パンフレット [PDFファイル/3.7MB]

サービス内容

訪問型サービス

○これまでどおりのサービス ★新しいサービス

区分サービス内容具体的な例
○総合事業ホームヘルプサービスホームヘルパー等が家庭を訪問し,入浴・食事等の介護や調理・洗濯・掃除等の家事を援助します。

・食事介助
・衣類の着脱介助
・排泄介助
・入浴介助(清拭)
・移乗,移動介助
・就寝,起床介助
・通院,外出介助
・体位変換
 等

★生活支援ホームヘルプサービスホームヘルパー等(一定の研修を修了した従事者)が家庭を訪問し,調理・洗濯・掃除等の家事を援助します。
(身体介護は行いません。)
・洗濯
・掃除
・衣類の補修
・調理
・買い物
・薬の受け取り
 等

◎訪問型サ-ビス事業所一覧表

 総合事業ホームヘルプサービス(生活支援ホームヘルプ)事業所一覧表 [PDFファイル/135KB]

通所型サービス

○これまでどおりのサービス ★新しいサービス

区分サービス内容
○総合事業デイサービス施設に通いながら,入浴や食事などの日常生活のお世話や機能訓練等を受けます。
★運動型デイサービス楽らく体力づくり教室…市と契約する民間スポーツ施設で気軽に体力づくりに取り組めるよう,チケットを配布します。
通所リハ施設…介護老人保健施設や介護療養型医療施設等に通い,運動機能を維持,改善するためのリハビリテーションを行うサービスです。
★短期集中運動型デイサービス3ヶ月~6ヶ月の短期間に集中して行うサービスです。
楽らく体力づくり教室プラス…市と契約する民間スポーツ施設で,専門家が利用者の状態に合わせた個別プログラムを組み,トレーニングを行います。
通所リハ施設プラス…通所リハビリテーション施設等で,専門家が利用者の状態に合わせた個別プログラムを組み,リハビリテーションを行います。

 ◎通所型サービス事業所一覧表

総合事業デイサービス事業所一覧表 [PDFファイル/116KB]

運動型デイサービス事業所一覧表 [PDFファイル/61KB]

短期集中運動型デイサービス事業所一覧表 [PDFファイル/60KB]

利用までの流れ

お住まいの地域を担当する地域包括支援センター,または介護保険課に相談してください。
(原則,利用者本人が窓口で手続きをします。)

その方の状態や希望するサービスにより,要介護(支援)認定か,基本チェックリストをご案内します。

要介護(要支援)認定,または基本チェックリストの結果が,

要介護1~5の方居宅介護支援事業所にてケアプランを作成し,介護サービス<外部リンク>を利用。
要支援1・2の方地域包括支援センターにてケアプランを作成し,介護予防サービス<外部リンク>介護予防・生活支援サービスを利用。
※介護予防サービス,介護予防・生活支援サービスは併用できます。
事業対象者
(基本チェックリストにより,要支援者に相当する状態に該当された方)
地域包括支援センターにてケアプランを作成し,介護予防・生活支援サービスを利用。
非該当の方一般介護予防事業<外部リンク>を利用。

 

総合事業Q&A

 Q1 いつから総合事業を利用できますか?

A.呉市では,平成29年4月1日より総合事業を開始しました。
 現在,要支援1・2の認定を受けている方は,認定有効期間が満了した更新時から総合事業のサービスに移行することになります。その更新時には,状態や希望するサービスに応じて,要介護(支援)申請か,基本チェックリストを受ける手続きのどちらかの方法になります。

Q2 総合事業に移行したら,今までのサービスは使えなくなってしまうのですか?

A.今までどおり,ご利用いただけます。
 このほか,住民主体による訪問型サービスや短期集中の通所型サービスなど,サービスの選択の幅が広がります。

Q3 総合事業に移行すると,要介護(支援)認定を受けられなくなりますか?

A.要介護(支援)認定の申請は,今までどおりいつでもすることができます。
 総合事業のサービスのみをご利用になる場合は,要介護(支援)認定を受ける必要はなく,基本チェックリストにより事業対象者に該当し,介護予防マネジメントを経ることで,サービスをご利用になれます。
 訪問看護,通所リハビリテーション,福祉用具貸与などのサービスの利用を希望する場合は,要介護(支援)認定を受ける必要があります。

Q4 総合事業を利用するにはどうすればいいですか?

A.お住まいの地域の地域包括支援センターまたは,介護保険課へご相談ください。
 その方の状態や希望するサービスにより,基本チェックリストまたは,要介護(支援)認定申請をご案内させていただきます。

Q5 要介護1~5の認定を受けていますが,総合事業の介護予防・生活支援サービスを利用できますか?

A.総合事業の介護予防・生活支援サービスは,要支援1・2の方または事業対象者の方が利用できるサービスです。
 要介護1~5の認定を受けている方は,今までどおり介護サービスをご利用いただくことになりますので,総合事業の介護予防・生活支援サービスはご利用になれません。 
 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)