ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

用語解説

定例会

 付議事件の有無にかかわらず,定例的に招集される議会の会議のことを指します。
 定例会では,一般質問を含めて議会の権限に属するすべてを審議することができます。
 呉市では,毎年3月,6月,9月,12月に定例会を開くことになっています。 

臨時会

 次の定例会を待つことができない突発的な事情などにより,臨時的に会議を開く必要がある場合,特定の事件に限ってこれを審議するために随時招集される議会のことを指します。

本会議

 本会議とは,全議員で構成され,議会の権限である議決を行う会議のことを指します。

委員会

 委員会とは,本会議での審議に当たり,予備的な審査や調査を行うために設置される組織です。
 呉市では,常設の委員会として,総務委員会,民生委員会,文教企業委員会,産業建設委員会の4委員会を設置しています。
 また,特定事件について審議する必要がある場合に設置される特別委員会として,新庁舎建設調査検討特別委員会,総合交通対策特別委員会が現在設置されており,予算や決算の審議が必要な場合は,予算特別委員会と決算特別委員会がその都度設置されています。
 さらに,円滑な議会の運営を期すため,議会運営の全体について協議し,意見の調整を図る場として,議会運営委員会が設置されています。

議会協議会

 議会協議会は,全議員で構成される会議です。議会協議会で議題となる事項は,法令上議会の議決を要しないもので市政に関係のある重要な事項や議会内の各種の運営に関するもので重要な事項等が協議されます。 

会期

 会期とは,議会が権限を行使し,活動できる期間を指します。
 会期の決定は,会期の初めに議会の議決で定められます。

会派

 会派とは,3人以上の議員により構成する議会内の交渉団体のことです。
 呉市では,会派要件の有無により,代表質問権の有無,会議での発言順及び時間などの違いがあります。

議案

 議案とは,市長や議員または委員会が,議会の議決を得るために議長に提出する案件のことです。
 具体的には,条例の制定,改正や予算の決定,決算の認定,契約の締結などがあります。

条例

 条例とは,法律の範囲内において,地方公共団体が議会の議決により制定する自主法の一つです。

意見書

 意見書とは,地方公共団体の公益に関する事件に関し,議会が地方公共団体の機関としての議会の意思を意見としてまとめた文書です。

決議

 決議とは,議会が行う事実上の意思形成行為で,議会の意思を対外的に表明する必要があるなどの理由でなされます。
 呉市では,「人権尊重都市」宣言に関する決議,「美しいまちづくり」宣言に関する決議,仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のまちづくり宣言に関する決議などを行っています。

上程

 上程とは,議事日程に組み入れて議題とし,議会での審議の対象とすることです。

一般質問

 一般質問とは,議員が,その属する地方公共団体の行政全般にわたり,執行機関に対し事務の執行の状況及び将来に対する方針等について所信をただしたり,あるいは報告や説明を求め,または疑問をただすことを指します。
 呉市では,一般質問を会派の行う代表質問と個人質問に分けています。なお,3月定例会では一般質問と新年度予算の質疑をかねて質問を行うため,予算総体質問という名称を用いています。

質疑

 質疑とは,議題となっている案件について,提出者に対して疑義のある点を明確にするために行う質問を指します。 

答弁

 答弁とは,質問に対してなされる回答や説明を指します。

付託

 付託とは,議決を必要とする案件について,議決に先立って詳しく検討を加えるために,所管の常任委員会や特別委員会等の委員会に審査を委託することを指します。

審議

 審議とは,議会の会議で付議事件について,説明を聞き,質疑し,討論を重ね,表決するといった一連の過程を指します。

審査

 審査とは,委員会において,議会の議決の対象となる議案などについて論議し,一応の結論を出す一連の過程を指します。

討論

 討論とは,議会の会議において,表決の前に議題となっている案件に対し,賛成か反対かの自己の意見を表明することです。
 その目的は,意見の異なる相手を自分の意見に同調させることにその意義があります。

表決

 表決とは,議会の意思決定に個々の議員が参加するための手段で,議題に対して賛成または反対の意思表示をすることです。
 表決の方法には,大別すると起立による表決,投票による表決,簡易表決の3種類があります。

議決

 議決とは,表決の結果得られた議会の意思決定のことで,案件によって,可決,決定,承認,同意,採択など,様々に呼称されます。